コラーゲンについて

 
最近のスキンケアブームで、コラーゲンが注目されていますよね。コラーゲンとは、高分子のたんぱく質の一種です。「高分子」とは、単純な物質ではなく、いろんな成分が結合してできている複雑な物質であるという意味です。

 

高分子なコラーゲンは吸収されにくい


単純な物質であれば、胃腸や肌から吸収されてそのまま利用することが可能です。しかし、高分子の物質の場合、「そのままの形で吸収される」ということはほとんどありません。コラーゲンも、そのままの形で吸収・利用されないという研究結果が出ています。構造が複雑すぎるので、分解された形でしか吸収されないのです。

 

そのまま体内のコラーゲンになるわけではない


ただ、コラーゲンを含んだ化粧品や食べ物が「まったく効かない」とも言い切れません。コラーゲンが消化された後の物質が、肌に良い影響を与える可能性も指摘されているのです。ただ、一般に認識されているように、「食べたものがそのまま利用される」「塗ったものがそのまま体内の成分となる」というメカニズムでないことは確かです。

 

作り出すための材料となる

 

コラーゲンぷるぷる体内でコラーゲンを「製造」するためには、様々な「アミノ酸」が必要となります。このため、栄養のバランスをコントロールしていくことが、非常に重要なのです。「コラーゲンが入っている食事」ではなく、「コラーゲンを作り出すための食事」を心がけるようにしましょう。
 

キレイになる話記事一覧

コラーゲン

最近のスキンケアブームで、コラーゲンが注目されていますよね。コラーゲンとは、高分子のたんぱく質の一種です。「高分子」とは、単純な物質ではなく、いろんな成分が結合してできている複雑な...

プラセンタ

コラーゲンやグルコサミン、ポリフェノールなど、美容や健康にいいとされる商品はこれまでも多く発売されてきました。しかし、人によっては合わなかったり、効果が実感できなかったりと、安定し...